くりっく365とは?

くりっく365とは 、東京金融取引所に上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。
より公正で透明性の高いルールや規制のもと、投資家が安心して取引できる場所として2005年7月に誕生しました。取引の透明性、公平性を取引所が直接管轄することで、くりっく365に対応しているFX業者は信頼性が高いといえます。
また、従来の外国為替証拠金取引にはない数々のメリットがあり、近年では、投資家たちの注目を浴びるようになりました。

取引可能な通貨ペア

ドル/円 ユーロ/円

英ポンド/円豪ドル/円

スイス・フラン/円カナダ・ドル/円ニュージーランド・ドル/円


手数料

手数料はくりっく365の取扱い業者によって異なります。
リスクは同じなため、出来るだけ手数料の安い業者を選ぶことが大切になります。
各業者の手数料幅は1万通貨あたり、210円~1,050円となっています。


スプレッド

米ドル約0.3円ユーロ約0.4円

豪ドル約0.5円英ポンド約0.6円

フラン約0.4円加ドル約0.5円

※売買レートは最良のレートが示されるためスプレッドは一定しません。


くりっく365のメリット


売り/買いのスワップポイントが同じ

店頭取引の外国為替証拠金取引では、提示される取引価格と同様、スワップポイントもFX業者によって異なります。
また、その多くは、「投資家が支払うスワップポイント>投資家が受け取るスワップポイント」のようになっています。
一方、くりっく365では、取引所がスワップポイントを決定します。 その内容は、「投資家が支払うスワップポイント = 投資家が受け取るスワップポイント」 となっており、くりっく365取扱業者の鞘抜きが起こらない透明で公正な取引といえるでしょう。

証拠金の安心管理

取引所は、投資家から預かった取引証拠金を、くりっく365取扱業者を通じて、預託を受けなければならないので、取引所に預託された投資家の取引証拠金は、取引所の財産と分別して管理されています。
また、くりっく365取扱業者が破綻した場合でも、投資家の建玉や証拠金を、他のくりっく365取扱業者に移管するなどの手続きを取引所が行うので、万一の事態でも、資産の保全が図られる仕組みとなっています。

信頼性の高い取引業者

金融商品取引法の業者登録基準に加え、金融取の為替証拠金取引資格及び為替証拠金清算資格に係る要件(純資産額30億円以上等)に適合した業者のみが参加できる仕組みになっており、店頭取引でのFX取引業者に比べて、信頼性の高い業者であるといえるでしょう。

申告分離課税の対象

くりっく365で発生した利益は、申告分離課税として課税されるので、投資家の所得にかかわらず一律20%の税率となります。⇒確定申告

他の先物商品との損益通算ができる

株価指数先物取引や商品先物取引など、他の取引所の先物取引と損益通算ができます。 例えば、FXで利益を得て、日経平均先物で損失を計上した場合はその両方の損益を通算して申告分離課税することができます。 ちなみに、非取引所取引での利益は総合課税となり、投資家の所得に応じて最高50%までの累進課税となります。⇒確定申告

損失の繰越が可能

確定申告をした年に控除し切れなかった損失が出た場合、翌年から3年間にわたり繰越控除を受けることができます。

くりっく365のデメリット


取扱通貨が少ない

「くりっく365の」取扱通貨ペアは、 米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、スイスフラン/円、カナダドル/円、NZドル/円のクロス円(円と外貨)のペア7種類に限定。 通常のFX取引では、外貨同士の取引(米ドル/ユーロ)など取引通貨ペア多数。

取引できない時間帯が存在する

「くりっく365」では、朝方1時間程、取引できない時間帯が存在します(NZドルに関しては、5時間程度)。

手数料がかかる

「くりっく365」の手数料は業者によって異なりますが、210円―1050円程度。しかしこの内、「くりっく365」の取引所が105円程度、業者から取っているので手数料無料になる事はありません。 これに対し、通常のFX取引では手数料を無料としている業者も存在します。

レバレッジが低い

「くりっく365」では、レバレッジは最大約20倍程度。 通常のFX取引では最大400倍ものレバレッジを効かせられる業者もあります。

20 Social Bookmark