通貨の種類と特徴

国旗US国旗JP

ドル/円


テレビや新聞では「円相場」とも言われており、日常生活で一番よく耳にする通貨ペアでしょう。米ドルと日本円の為替取引を指します。
日本国内では一番多く取引されている通貨ペアであり、外国為替市場の1日の取引高では世界で2番目に多い組み合わせになります。

国旗EU国旗JP

ユーロ/円


ユーロと日本円の為替取引を指します。
外国為替市場を形成する銀行間取引(インターバンク市場)での取引は、全て米ドルを介した取引が中心と なりますが、このユーロ円だけは、米ドルを介さずに取引ができる唯一の対円取引で、ユーロの信任の高さが窺えます。
日本国内でも、一流ブランド商品は概ね欧州諸国の製品が多いため、それらの商品を輸入して販売している会社は、もちろんこのユーロ/円の為替レートの変動に敏感です。
ユーロ円の為替レートの変動次第では商品価格にも影響してくるため、ブランド商品に興味がある方はぜひ日常的にチェックしてみると良いと思います。

国旗EU国旗US

ユーロ/ドル


ユーロとドルの為替取引を指す「ユーロ/ドル」は、日本人投資家の中ではあまり馴染みもなく、聞いてもわからない通貨ペアかもしれません。
しかし、外国為替市場の中ではトップシェアを誇る通貨ペアになるので、外国為替市場の動きを見る上では無視できない存在です。
日本人投資家は、日本円を中心に考えがちですが、外国為替市場は米ドルが中心となるので、各通貨が米ドルに対して高いのか?安いのか?という考え方が必要です。

米ドル
USD

米ドルはアメリカ国内だけでなく、世界中で使用される基軸通貨、国際準備通貨としての役割があるので、アメリカ国内の経済情勢が世界の通貨に大きな影響を与える場合があります。
近年では、双子の 赤字(財政・経常赤字)が市場変動の大きな材料にされる事が多く注目が集まっています。
また多数の国が世界経済のリ-ダ-である米国の景気に左右されるため、米国の経済指標は為替市場参加者にとって大きな 注目点です。重要な経済指標としては貿易収支、経常収支、失業率、GDP、消費者物価指数などが挙げられます。
金融政策の基本方針を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)は年8回開かれます。決定事項と共に声明の内容等も重要です。
以前は「有事のドル買い」と言われ戦争や情勢不安があるとドルは買われることがあり ましたが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロではアメリカ本土が巻き込まれたため、最近は、有事の際に米ドルが売られる現象もおきています。

ユーロ
EUR

ユ-ロは複数の国家が単一の通貨を使用する為に世界で始めて導入された通貨で、1999年発足以来、取引量や信用度などにおいて順調に成長しており、米ドルに次ぐ「第2の基軸通貨」 の地位を確保しています。
参加している国はオーストリア、ベルギー、キプロス、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スペインの15か国。
ユ-ロの変動要因として挙げられるのは、主要国(ド イツ、フランス)の経済指標などです。

日本円
YEN

日本円はドル、ユ-ロと並ぶ世界三大通貨であり、外国為替市場では第3位の取引額です。ドルやユ-ロが国際決済通貨(鉱工業製品、石油代金の支払)として使用される割合が高いのと比較して、円が決済通貨として利用されて いる割合は低いです。
地学的要因により、中国(人民元の切り上げなど)や北朝 鮮(核兵器開発)などのアジア圏の状況に影響されることが多く、また、欧州圏でユ-ロが誕生したように、アジ ア圏でも通貨統合の構想が芽生えており、その際には日本はどのような立場をとるのか、中国との主導権争 いを含め興味深い点があります。
最近では、人民元の切り上げ(通貨の切り上げ=通貨高)観測が高まると、人民元の代わりに円を買う動きが強まり円 高に振れる傾向があります。

英ポンド
GBP

米ドルに基軸通貨としての地位を奪わ れるまでは、貿易などの決済通貨としての役割を果たしてきました。イギリスは欧州の主要国の中で唯一ユ-ロを導入していません(スイスを除く)。
この背 景にはイギリスがかつて欧州の政治・経済の中心的存在であったことの自負、地理的に欧州大陸と分断され ていること、ユ-ロ通貨の導入がフランスとドイツを中心に進められてきたことなどが挙げられます。
イギリスが資源国でもあることから、石油価格の変動を受けやすいといえます。

スイスフラン
CHF

永世中立国であるスイスは、テロや戦争などにより地政学的リスクが高まった際に、一時的に資金が集まりやすい「避難通貨」として知られています。
伝統的に安全な通貨としての地位を築いてきましたが、ユーロの誕生により、その地位は低下してきています。

豪ドル
AUD

オーストラリアドル(豪ドル)は”オ-ジ-”の通称で呼ばれており、NZドルと並んで「高金利通貨」として知られています。日本では外貨預金としても人気が高い通貨です。
南半球ではもっとも流動性のある通貨であることから、北半球で戦争などの有事が発生した時には地政学的リスク 回避のため、退避通貨として買われる局面もあります。
オーストラリアは世界屈指の資源国であり、国内経済が商品市況の動向に大きく影響されることから豪ドルは通称、商品通貨とも呼ばれています。

20 Social Bookmark