FXと外貨預金の違い

株、投資信託、不動産・・・いろいろな投資がある中、今、注目を集め取引量が増えているのがFX(外国為替証拠金取引)です。


FXというのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引です。
それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されたのです。


「為替」「外貨」と聞くと、すぐに「外貨預金」のことが頭に浮かぶという方もおられるかも知れませんが外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)は、似ているようで違います。


外貨預金の場合はたとえば100万円を○○銀行の口座に預けますと、100万円分のドルを買う事が出来ます。つまり、日本にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのです。
そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になったら、そこでドルを売ります。
こうして差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるという仕組みです。


一方でFXの場合はまず◇◇証券に5万円を預けます。
すると、その5万円は担保として別に保管され、あなたには◇◇証券から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのです。
そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来ます。
つまり、外貨預金の貯蓄性は無いのですが投資法として非常に気軽に始められるシステムなのです。


FXと外貨預金の違い >>> FXと投資
20 Social Bookmark
20 Social Bookmark